コントラバス弾いとるんじゃけぇ

旅は道連れ世は情け

広響 定期#362

こんばんは。

3週間空いただけで、久々の演奏会じゃ!と思ってしまった、たじゃすです。

●はじめに

広響の次期音楽監督シモーノのお披露目ということで楽しみにしていました。いや、毎回楽しみにしていますけどね(笑)

●ペンデレツキ:シャコンヌ(ポーランドレクイエムより)

 同期Dに『広島の犠牲者に寄せる哀歌』でペンデレツキの名前を知ったわけで、トーン・クラスターとかいう訳のわからないもののイメージの人だったんですが、ちゃんと美しい響きの曲も作れたんですね(コラ
 勝手なイメージが本当に申し訳ないぐらいに美しい弦楽の響きでした。物悲しさを秘めた音って広響の弦セク結構上手いと思うんですよねぇ。あー、気持ちよかった。

J.S.バッハ(斎藤秀雄 編曲):シャコンヌ

今回は、このバッハが白眉だったように思える。これは編曲の妙。あの重厚さと各楽器の良い所を引き出した構成ってのは、さすが日本指揮法のバイブルだと唸った。あのエンディングの和声は誰が聴いても感動しますよ。僕はパイプオルガン的な、ミルフィーユ的な、長い音が重なっていくお決まりの形に目が無いのでたまらなく幸せだった。

マルティヌーオーボエ協奏曲 ソリストセリーヌ・モワネ

上手い。基本的には管楽器の協奏曲って管の独立っぷりを激しく感じちゃうので好きではないし、広響も協奏曲でソリストと馴染まない部類に入るので、そこは否めなかったがそれを求めずにボンヤリと聴く分にはモワネさんの張りのある音を楽しめた。相変わらずマーティンさんの音はVcパートソリのディティールを際立たせており、聴きごたえがあった。あ、2楽章だったかHrソロからソリストへの響きは上手くニュアンス溶け合っていてナイスでした。

ブリテンシンフォニア・ダ・レクイエム

 編成がデカい。そして叙情性の強い曲でした。全体を通して、タイトルに相応しく《祈り》を感じられた。涙の日→怒りの日→永遠の安息とは、ベートーヴェンとは違ったエンディングですが、より闘争をリアルに感じられるのかもしれない。
個人的にはもっと低音群が響いてくれた方が楽しめたかな。

●いろいろ

 シモーノの指揮はとても丁寧だったと思います。何より止まる動作が美しかった。指揮も身体の運動の一種ですからね、ああいう基本動作が統制されてると、意思疎通がしやすいんじゃないかと思っています。まだ広響を様子見してる感はありましたが、すぐに慣れるでしょう、来年度も楽しめそうです。

 あー、ここ一ヶ月近く激務でして、かなりボンヤリしながら聴いていたので、感想のキレは良くないと思います^^;

では。

f:id:kaze_no_ta_chan:20160711225929j:plain